2011年07月15日

岡村孝子の <語りおろし本> を読んだ。

岡村孝子のことみんな忘れてしまったのだろうか?


TOKYO FM出版の

「夢みるころを過ぎても」

岡村孝子の語ったことをそのまま

ストレートに収録した本。

図書館で借りて読んだ。


スポーツなんて絶対しない人だと思ってたが

水泳やゴルフ、卓球やテニスもやるし

サッカー観戦したりもするらしく意外だった。


You Tube でなにげなく「夢をあきらめないで」を

歌う彼女を見て



なんて 儚げな美少女 だなって思った。

あみんの 待つわ は聞いたことあったけど、

それ以外の曲は知らなかった。


もともとお嬢様が好きだったから、

彼女のことリアルタイムで知りたかった。

興味はすごくあったのだけれど

洋楽ばかり聴いていたので

こんなに美しく、知的で、詩がよくて、曲づくりが天才的な

女性が日本にもいたとは気付かなかった。

去年あたりからBook Off あたりで

彼女のCDを必死で集めだした。

「夢の樹」がないので、アマゾンで買おうか?

You Tube もほとんど見た。

最近も活動してるみたいだけど、

やっぱり結婚前の岡村孝子がいい。

とは言っても

現在の彼女ももう50近いのだけどきれいな人だ。





posted by MULIN at 22:39| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

ノラ・ジョーンズ「チェイシング・パイレーツ」

大好きなノラ・ジョーンズの4thアルバム買った。

ノラ・ジョーンズ「チェイシング・パイレーツ」

ノラ・ジョーンズ「チェイシング・パイレーツ」PV

NORAJONES_AMAZON.jpg

髪を短くして、今までと違う人たちと組み、

これまでと違う新しいノラ。

前より可愛くなったみたい。

でも今までのサウンドが好きだった僕には

まだちょっとなじむのに時間かかりそう。

posted by MULIN at 21:37| 🌁| Comment(10) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

MIKA

車で仕事から帰り
駐車場に車を止めると同時に
MIKA の BLAME IT ON THE GIRLS
がFM放送から聞こえてきた。
“ミ−カ”って?
初めて聞くMIKAに衝撃を受けた。

THE BOY WHO KNEW TOO MUCH
ミーカのセカンドアルバムを今日の帰り
新星堂で¥1980で購入。

若い頃のエルトンジョンの曲を確かに
彷彿とさせるような勢いを感じる。
とても楽しくなる。

MIKA
http://listen.jp/store/artist_1174353.htm
posted by MULIN at 20:57| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

プリシラ・アーン PRISCILLA AHN

プリシラ・アーン PRISCILLA AHN
時間が少しあったので、WAVE にふらっと入って、

DVDやCDを見ていたら、

プリシラ・アーンの視聴CDがあったので聞いて

みた。ノラ・ジョーンズにつづく話題の歌姫で

名門ブルーノートからデビューとあった。




手書きのポップ広告に弱い僕は、

ノラ・ジョーンズの好きな人なら気に入ると

あったのも手伝ってか、衝動買い。

ピュアな歌声、優しいメロディって感じ。











posted by MULIN at 21:45| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

Maarja: First In Line

Maarja: First In Line
ファースト・イン・ライン

エストニア出身のマーヤは1980年12月24日

クリスマス・イブにエストニアの首都タリンで生まれた。

たしか2000年より前に買ったCD。

彼女が16才の時にレコーディングしたそうだ。

若いのにバラードがいい。

Google の画像検索で最近の彼女の写真を検索。

とっても魅力的な女性になっていた。

◆□◆ discography ◆□◆

マーヤ

 <<biography>>

Maarja is one of the most popular female singers in Estonia.
She has released eight albums and represented Estonia twice
at the Eurovision Song Contest - in 1996 and 1997.
Her latest album is a collaboration with a well-known
estonian pianist and composer Rein Rannap
and the Estonian Symphony Orchestra.
Maarja has received many awards in Estonia,
among them Best Female Singer 1997 and 2006.

Maarja´s first international album was
released worldwide under Universal Music
and sold over 250 000 copies.
It was a big success in Japan,
but also made an impression in the rest of Asia,
Australia and South America.
For recording her last international album Maarja lived
in Stockholm for a year.
There she worked together with well-known musicians,
among others Lisa Lindeberg, Chris Hughes,
Malcolm and Fredrik from Dead Mono
and the very experienced Bernard Lohr
who mixed a big part of the album called "City Life".

In August 2000, Maarja performed on Tallinn Song
Festival Grounds in front of 50 000 people
as a support act for Tina Turner.
She has also played leading roles in several musicals -
"Cats", "Miss Saigon", "Sound of Music" and "Rent".
Maarja was chosen as the only Estonian female singer
to attend as a soloist at the Andrew Lloyd Webber Gala
in Tallinn.

Maarja is a serious musician with eight years of classical
piano studies behind her.
In the year 2006 Maarja protected her Bachelor's degree
in Law under the University of Tartu.
During summer 2006 Maarja was chosen to perform 10
concerts together with Tommy Korberg,
Trine Rein and Geir Ronning in Sandefjord
singing the songs of ABBA.

In May 2007 she will use the scholarship
to Berklee College of Music in Boston,
which she received in autumn 2005.










posted by MULIN at 22:43| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

From a Distance

From a Distance

遠くからみると 地球は青と緑
  そして 雪を頂く山々の白

遠くからみると 海と川はひとつ
  そして 飛び立つわしの姿も見える

遠くからみると そこは調和されていて
  そのハーモニーは地上を響き渡るよ

それは 希望の声
     平和の声
     みんなの声

遠くからみると 私たちは全てに満たされ  
  貧しいひとなどいない

  浮浪者もなく
  爆弾もなく
  病人もいない
  おなかをすかした人さえいない

遠くからみると ひとりひとりが
  行進する バンドの楽器

  希望の歌を奏で
  平和の歌を奏で
  みんなのうたを奏でている

  神様はみている
  神様はみている
  神様は私たちをみている
  遠くから

遠くからみると
  あなたは 私の友達
  たとえ争いのさなかでも

遠くからみると
わからない
なんの為の 争いなのか

遠くからみると そこは調和されていて
  そのハーモニーは地上を響き渡るよ

  希望の中の希望
  愛の中の愛
  それはみんなの心

  希望から生まれた希望
  愛から生まれた愛
  それはみんなの歌

From a Distance

From a distance the world looks blue and green
And the snow-capped mountains white

From a distance the ocean meets the stream
And the eagle takes to flight

From a distance there is harmony
And it echoes through the land

It's the voice of hope, it's the voice of peace
It's the voice of every man

From a distance we all have enough
And no one is in need

There are no bums, no bombs, no discases
No hungry mouths to feed

From a distance we are instruments
Marching in a common band

Playing songs of hope, playing songs of peace
They're the songs of every man

God is watching us, God is watching us
God is watching us from a distance

From a distance you look like my friend
Even though we are at war

From a distance I can't comprehend
What all this war is for

From a distance there is harmony
And it echoes through the land

It's the hope of hopes, it's the love of loves
It's the heart of every man

It's the heart of hopes, it's the love of loves
It's the song of every man
It's the song of every man



次項有CD/DVD 買うならタワーレコード




posted by MULIN at 23:28| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

we are one ( kelly sweet )



Kelly Sweet
we are one

ケリー・スウィート
ウィー・アー・ワン

アロマキャンドルを灯して
ゆったりしたソファで目を閉じる
なんて澄み切って美しい声なのだろう
アメリカ・マサチューセッツ州生まれの19歳
Kelly Sweet
なんだか日本人っぽい顔してる。
上品で頭よさそう。






WE ARE ONE

Didn't need to ask
Don't know the reason
Everything that I believe
Is right here

Not thinkin' bout tomorrow
Couldn't catch it if I tried
World is spinning too fast
So I'll wait 'til it comes to me

I am you
You are me
We are one
Take me in your arms
And flow though me
I'll flow though you

Steal my breath away
Cause I'm so moved by you
Deeper than I ever thought
Was possible, was possible,
it's everything, oh

Difference between me and you
It's all in where your heart lies
And every day's another chance
So let's get it right

I am you
You are me
We are one
Take me in your arms
And flow though me
I'll flow though you

Did you lose yourself out there
Did you lose faith and give up
Don't turn away and hide yourself

Cause there's a friend to make along the way
We are the heartbeat and our souls speak
And all the beauty I have ever dreamed
Is right here in front of me, oh

Is right here in front of me, oh

I am you
And you are me
We are one
Take me in your arms
And flow though me
I'll flow though you

願う必要などなかった
理由なんてわからない
信じるものはすべて
ここにあるの

明日のことを思い悩むことはしない
懸命に手を伸ばしてもつかめなかった
世の中はすごいスピードで回ってるわ
だから向こうから訪れるのを待つの

私はあなた
あなたは私
私たちは同じなの
その腕の中に私を抱きしめてみて
私の中をあなたが流れる
そして私もあなたの流れの中に

私は思わず息をのむ
あなたが心を大きく突き動かすから
今までに感じたどんな思いよりも深く
こんなことがあったなんて
それがすべてなの ああ

私たちの間で何かが違うように感じても
すべてはあなたの心一つで変わる
毎日が新しいチャンスなの
だから逃さないで

私はあなた
あなたは私
私たちは同じなの
その腕の中に私を抱きしめてみて
私の中をあなたが流れる
そして私もあなたの流れの中に

外の世界で自分を見失ってしまったの?
信じる心がくじけてしまったの?
背を向けて心を閉ざしてしまわないで

だって人生には新しい出会いが待っている
私たちは同じ鼓動を刻み、心は語りだす
そして夢見た美しいものはすべて
今目の前にあるの ああ
今目の前にあるの ああ

私はあなた
あなたは私
私たちは同じなの
その腕の中に私を抱きしめてみて
私の中をあなたが流れる
そして私もあなたの流れの中に

アコースティックウェーブミュージックシステムII


posted by MULIN at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

レコードのちりちりいう音

ぴかぴか(新しい)「私の叔父もたくさんレコードを持っていました」
とマリは言う。
「CDの音はどうしても好きになれないって。
ほとんどがジャズ。遊びにいくとよく聴かされ
ました。まだ小さかったから、音楽はよくわから
なかったけど、古いジャケットの匂いとか、
針を落としたときに聞こえるちりちりいう音
とかが好きでした」

--- 村上春樹 アフターダーク afterdark ---

私の最近のお気に入りCDわーい(嬉しい顔)
コリーヌ・ベイリー・レイ
4番目の曲 till it happens to you のでだしに
レコードかけたときのちりちりいう音が入ってる。

Corinne Bailey Rae コリーヌ・ベイリー・レイ
すっごくいい。黒ハート
Nora Jones とか Tristan Prettymanとか
好きな人には特におすすめ。






posted by MULIN at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

PUT YOUR RECORDS ON

Corinne Bailey Rae
コリーヌ・ベイリー・レイ

PUT YOURE RECORDS ON

3羽の小鳥が窓辺にとまって
私に言ったの 心配いらないって
夏の訪れはシナモンみたいに甘美だった
少女たちはコンクリートの上で謎かけ遊び

たぶん時には
間違うこともあるわ でもいいの
物事は見た目より
変わらないもの
ためらわないで

レコードをかけて
お気に入りの曲は何?
それでいいのよ 髪をおろして
サファイアに色あせたジーンズ
どうか夢を持って
それでいいのよ 髪をおろして

自分の居場所が見つかるわ きっと

空のようにブルーで
日に焼けて 一人ぼっち
道端のバーでお茶をすすってる
肩の力を抜いて リラックスして
ほかの男の子たちに惑わされちゃ駄目(***)
そのアフロ・ヘア とても素敵よ

たぶん時には
怖くなることもある でもいいの
変わらずにいれば
まわりが変わっていくわ

不思議だと思わない?

レコードをかけて
お気に入りの曲は何?
それでいいのよ 髪をおろして
サファイアに色あせたジーンズ
どうか夢を持って
それでいいのよ 髪をおろして
自分の居場所が見つかるわ きっと

お手上げだったわ
ただ自分を憐れんで
眠れない夜もあった
自分はもっと強いと思っていた
いつになったら気づくの?
もう頑張る必要さえない
したいことをすればいいのよ

さあレコードをかけて...

----------------------------------------



----------------------------------------

上記(***)あたりで、黄色いビニールのアヒルの
おもちゃを踏み潰したような ”ムギュー”という
音がたった一度だけ聞こえる。
その音がとっても気に入ってる。
おもしろい。





商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』












posted by MULIN at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

コリーヌ・ベイリー・レイ BUTTERFLY

コリーヌ・ベイリー・レイ
とにかく気に入ってます。
すごく落ち着く。癒される。
ノラジョーンズとか
トリスタンプリティマンとか
好きな人にはぜひお勧め

Corinne Bailey Rae
コリーヌ・ベイリー・レイ

BUTTERFLY
バタフライ

母の家にある
一枚の写真
過ぎた日のスナップ
見るたびに笑顔にしてくれる
小さな少女は
世界に心を閉ざしてた
学ぶことはあまりに多く
痛い目に遭ってきたの
あなたと私を
つなぐもの
それは家族愛
大丈夫よと励まし
すべてを与えてくれた
そして私はあなたの元を巣立った
蝶々みたいに

惜しみなく愛を注ぎ
毎日を彩ってくれる
輝く日の光で照らし
高みへと引き上げて
飛び立つ私を見守ってくれる
あなたは私に命をくれた
蝶々みたいに

母の家には
幸せがあった
私を包み込む
幸福の繭
大きくなるにつれ
見えてきたの
あなたは私を守り
私はあなたを守ってた
よく言われたわね
「失敗から学びなさい」
今ならわかる あなたの思いが
あなたの元を巣立ったあの時
蝶々みたいに



キスマークちょっとエッチなコラムです!ムード


posted by MULIN at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

空の流れ星みたいに

LIKE A STAR
ライク・ア・スター

CORINNE BAILEY RAE
コリーヌ・ベイリー・レイ

空の流れ星みたいに
ページから抜け出た天使みたいに
あなたは私の人生に現れた
感じるの もう今までの私じゃない
心に響く歌みたいに
手のひらの香油みたいに
歓んであなたを愛するわ

でも考えてしまう どうしてこうなの
こんなふうに言い返してしまうのは
あなただけ
いつでもそう
心をさらけ出してしまうの

言葉にできないその表情
あなたは生きてるって実感させてくれる
ほかのすべてが訳知り顔で反対しても
きっとあなたは味方でいてくれる
天国はずっと遠かったわ
あなたの愛を歌にする言葉が見つからない

でも考えてしまう どうしてこうなの
こんなふうに言い返してしまうのは
あなただけ
いつでもそう
心をさらけ出してしまうの

ようやくわかったの どういうことか
もう謎でも何でもない
前にも経験したわ
今夜から あなたは私のオンリー・ワン
闇に迷っていたけれど
今わかったの

でも考えてしまう どうしてこうなの
こんなふうに言い返してしまうのは
あなただけ
考えてしまう どうしてこうなの
こんなふうに心を許してしまうのは
あなただけ
いつでもそう
心をさらけ出してしまうの

空の流れ星みたいに
ページから抜け出た天使みたいに
あなたは私の人生に現れた
感じるの もう今までの私じゃない
心に響く歌みたいに
手のひらの香油みたいに

posted by MULIN at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

コリーヌ・ベイリー・レイ " Like a star"




ぴかぴか(新しい)Corinne Bailey Rae
 コリーヌ・ベイリー・レイ

イギリスリーズ出身
デビューアルバム「コリーヌ・ベイリー・レイ」
全体的にいいです。
ほんと、呼吸をするように自然につぶやくような
ふわっと優しく歌う。

Corinne Bailey Rae

1 LIKE A STAR
2 ENCHANTMENT
3 PUT YOUR RECORDS ON
4 TILL IT HAPPENS TO YOU
5 TROUBLE SLEEPING
6 CALL ME WHEN YOU GET THIS
7 CHOUX PASTRY HEART
8 BREATHLESS
9 I'D LIKE TO
10 BUTTERFLY
11 SEASONS CHANGE
12 ANOTHER RAINY DAY
posted by MULIN at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

今日はついてなかっただけ

ここのとことイライラする日が多かったのに
昨日ふと気づいた。
小さなラッキーが起こらない。
自分の精神レベルが落ちてる。
まわりの人に穏やかな気持ちで接していなかった。
感謝の気持ちを忘れかけてなかったろうか?
部屋も散らかっていたのに
ほっておいた。

♪♪♪ daniel powter ♪♪♪

Bad Day

Where is the moment when needed the most
You kick up the leaves and the magic is lost
Tell me your blue skies fade to grey
Tell me your passions gone away
And I don't need you to carry on

Your standing in line just to hit a new low
Your faking a smile with a coffee to go
Tell me your life's been way off line
You're falling to pieces enery time
And I don't need you to carry on

Cause you had a bad day, you're taking one down
You sing a sad song just to turn it around
You say you don't know , you tell me don't lie
You work on a smile and you go gor a ride
You had a bad day, the camera don't lie
You're coming back down and you really don't mind
You had a bad day...you had a bad day

Well you need a blue sky holiday
The point is they laugh at what you say
And I don't need you to carry on...

Sometimes the system goes on the brink
and the whole thing turns out wrong
You might not make it back
and you know that you could be
Well all that strong, and I'm not wrong...

Where is the passion when needed the most
You kick up the leaves and the magic is lost

Cause you had a bad day, you're taking one down
You sing a sad song just to turn it around
You say you don't know , you tell me don't lie
You work on a smile and you go for a ride
You had a bad day, you see what you like
How does it feel for one more time
You had a bad day
You had a bad day

だって今日はついてなかっただけ、がっかりだよね
悲しい歌を歌うのは未来を変えたいから

今日はついてなかっただけ、あとは君しだい

■◇■ バッド・デイ〜ついてない日の応援歌 ■◇■

ダニエル・パウターは苦労人って感じがする。


posted by MULIN at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

ゴールドベルク変奏曲BWV.988

音楽、特に音楽の成績が最低だった小学校、
中学校時代。
音楽室の壁に並んでいた音楽家たちの肖像画。
なんの興味もなかった、クラッシック。
音楽の授業がイヤでイヤでならなかったあの頃。
ところが、
まったっく音楽音痴の私が、
グレングールドのピアノを聴いて、
なんだか感動して、とめどなく涙があふれた。
もう同じアルバムを何度聞いたのだろう?
10年以上繰り返し聴いてる。

感動ってなんだ?
精神的安定、安心、平静、平和、
音楽は不思議だ。

ビートルズや、ボブディランや、
ローロングストーンズや、S&Gや......
ロックに胸が熱くなった時期もたしかにあったが、、、、

posted by MULIN at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。