2008年03月16日

梅の花が咲き始めた

今日は休日出勤。
朝目覚めて、カーテンをあけたら、
梅が咲き始めているのにきずき、
おもわずデジカメで撮影しました。
桜がさくのももうすぐだな。わーい(嬉しい顔)


梅





posted by MULIN at 21:50| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

結晶物語 

本「結晶物語」 江本勝



仕事帰りに本屋で1時間くらい
立ち読みでもしてから帰ろうと思い、
いろんなジャンルの本をいろいろ見ていた。

そろそろ帰ろうと思いながら、結晶物語という
水の結晶写真のたくさん載っている文庫本
に引きつけられた。ページをめくっているうちに、
結晶の写真が綺麗なので、衝動買いしてしまった。

「ありがとう」の言葉をみせた水が
きれいな結晶になり、「ばかやろう」の水が
美しい結晶にならないという。

私はすんなり100%信じてしまったが、
江本説はニセ科学と言われているらしく、
信じるなと言っている大学教授とか
多くいるらしく、言葉や想念が物質である
水に影響を与えるはずはない、というのが
現在の科学のパラダイムだからという
批判のようだ。

私はマーフィの潜在意識も信じているし、
言霊というのもあると思っているし、
江本さんにはとにかくがんばってほしい。








posted by MULIN at 22:59| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

From a Distance

From a Distance

遠くからみると 地球は青と緑
  そして 雪を頂く山々の白

遠くからみると 海と川はひとつ
  そして 飛び立つわしの姿も見える

遠くからみると そこは調和されていて
  そのハーモニーは地上を響き渡るよ

それは 希望の声
     平和の声
     みんなの声

遠くからみると 私たちは全てに満たされ  
  貧しいひとなどいない

  浮浪者もなく
  爆弾もなく
  病人もいない
  おなかをすかした人さえいない

遠くからみると ひとりひとりが
  行進する バンドの楽器

  希望の歌を奏で
  平和の歌を奏で
  みんなのうたを奏でている

  神様はみている
  神様はみている
  神様は私たちをみている
  遠くから

遠くからみると
  あなたは 私の友達
  たとえ争いのさなかでも

遠くからみると
わからない
なんの為の 争いなのか

遠くからみると そこは調和されていて
  そのハーモニーは地上を響き渡るよ

  希望の中の希望
  愛の中の愛
  それはみんなの心

  希望から生まれた希望
  愛から生まれた愛
  それはみんなの歌

From a Distance

From a distance the world looks blue and green
And the snow-capped mountains white

From a distance the ocean meets the stream
And the eagle takes to flight

From a distance there is harmony
And it echoes through the land

It's the voice of hope, it's the voice of peace
It's the voice of every man

From a distance we all have enough
And no one is in need

There are no bums, no bombs, no discases
No hungry mouths to feed

From a distance we are instruments
Marching in a common band

Playing songs of hope, playing songs of peace
They're the songs of every man

God is watching us, God is watching us
God is watching us from a distance

From a distance you look like my friend
Even though we are at war

From a distance I can't comprehend
What all this war is for

From a distance there is harmony
And it echoes through the land

It's the hope of hopes, it's the love of loves
It's the heart of every man

It's the heart of hopes, it's the love of loves
It's the song of every man
It's the song of every man



次項有CD/DVD 買うならタワーレコード




posted by MULIN at 23:28| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

呼吸入門 斉藤孝

呼吸入門 斉藤孝


◆腰肚(こしはら)ぶんか
◆臍下丹田(せいかたんでん)
 丹田⇒お臍(へそ)から指三本分下の位置
◆結跏趺坐(けっかふざ)⇒意識を覚醒しておく、
             眠らせないようにしておく
             ために最善の座り方。
◆感情のコントロール⇒己の感情に流され切って外に
           流出してしまわないで、いったん
           自分の中に留めておく。
◆からだ全体から発せられるエネルギーというのは、
 呼吸力によって支えれれている。
◆からだに張り付いているその人の呼吸力が、人間の
 精神力や行動力を規定する。
◆呼吸というものがリズムよく流れ出したら、
 人間は疲れない。
◆息を細く長く吐き続けるのがコツ。
◆理想は赤ちゃんの呼吸
 息がゆっくり入ってきて、波が頂点に行ったらそれで
 ゆっくり落ちて、吐ききったら上がってくる----呼吸
 を邪魔せず感じとるだけ。
◆臍下丹田を体の中心だと思って、そこに息を吸い込む
 ようなイメージで鼻から吸い込む。そして軽く力を
 入れる感じでふうっと吐いていく。
◆リラックスとはからだの余分な部分に力を滞らせない。
◆どんなに力を入れても他の部分が力んでしまうことが
 ない場所、エネルギーをいくら溜めても害のない場所
 それは臍下丹田。⇒力みの避雷針。
 足の親指の付け根あたりも力みの避雷針の役割を果たす。
◆「三・二・十五」の斉藤式呼吸法
 鼻から三秒息を吸って、二秒お腹の中にぐっと溜めて、
 十五秒間かけて口から細くゆっくりと吐く。
       (慣れてきたら、鼻から吐いてもいい)

 三秒吸って、二秒留めて、十五秒吐く 

◆呼吸を考える上で大切なのは、吸うことではなく、
 吐くことです。
 捨てればスペースができ、そこが自然と満ちてくる。
 その「他力」を信じる。
◆自分のからだが今どういう状態であるのかというのを
 一つ上の意識から把握するのに、息という道具を使う。
◆からだの緊張がゆるんでいるかどうか、どれだけ響き
 のいいからだになっているかが、ハミングを通すと
 わかりやすい。
◆一秒に二回くらいの速さで跳ねながら、呼吸と動きを
 合わせて、ハッハッハッハッと息を吐き出す。
 からだを揺さぶるリラックス法⇒シェいキング
◆教育というものは、自然の流れに任せていては
 身につかないことを身につけさせるためのもの。
◆達人の境地というものを最短距離で会得するための
 道、それが「型」だった。⇒日本人は型を創出する
 天才だった。日本の文化の本質は、マニュアルにある。
◆話に合わせて息を吐いていると相手の身体に同調
 しやすい。
◆声に出して読むとは、書き手の身体を呼吸でなぞること。
◆人は、自分の呼吸が他と共有された時に心が安らぎます。
◆学習とは、自分にとって受け入れがたいものに、自分を
 浸していくことによってずれを解消していくプロセス。
◆セックスとは、二つの身体ではなく、息を同じくする
 ことで一つの大きな身体になった感じを味わう。
 二つの身体が一つの呼吸をする喜び。
◆一つの「呼吸」の把握はいかなる愉悦にもまして甘美
 なる悦楽である。

次項有癒しDVD

次項有ヒーリング

次項有まくらや石鹸、入浴剤など

檜(ひのき)の癒しグッズが満載のひのき村


次項有フラワーエッセンスをお探しなら

癒しのグリーンマンエッセンスを。

ホリスティックな手作りエッセンス。




 




posted by MULIN at 22:56| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 心と体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

小説を読みたいのだけれど、

小説を読みたいのだけれど、特に決めていなくて
漠然と本屋さんで立ち読みをする。

以前、電車通勤していた時は、よく文庫本を買ったが、
だいたいその文庫本を選ぶのは、書き出しが気に
いったのを買う。おもしろい小説はほとんど
最初からひきつけられる。

人間でいえば第一印象のいいなと思った人とはたいてい
長い付き合いになったりするのに似ているかな。

今日はフィリップ・ロス
「さようなら コロンバス」
次項有Prologue プロローグ

るんるん日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

るんるん楽天ブックス



ラベル:小説 読書
posted by MULIN at 21:31| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

人生を変える! 脳と心の洗い方

人生を変える! 脳と心の洗い方
苫米地英人著


「なりたい自分」になれるプライミングの技術



きょう、図書館で借りた本。本

危険な技術
自己洗脳
プライミングの技術
無意識レベルまで決心をして、人生を変える。

この手の本はいろいろ読んでいるが、
おもしろそうだったので借りた。
一通り読んだが、再度読んで、備忘録と
してあとでまとめよう。








posted by MULIN at 22:17| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

人は光で老化する

さきほどTBSの20:00からの番組で
光と老化に関する番組やってた。
神戸大学名誉教授の市橋正光先生の講義。

乾燥によるカサカサ肌の防ぎ方。
<1>化粧水や美容液を使う。
   アミノサン。
<2>皮膚の内側から脂をおぎなう。
   セラミド、コレステロール
   中から水がでにくい=皮膚が潤っている。
<3>洗顔で乱暴に脂をとりすぎない。
   泡とお湯で汚れをとる。

紫外線にはAとBがある。
 特にガラスや雲を通して侵入する紫外線A

◆対策◆
◎活性酸素をとめる。
 活性酸素が人間を老化させる。
 緑黄色野菜やコエンザイムQ10 。
 アスタキサンチンをとる。
   オレンジ色の鮭、
   エビの赤い色。

活性酸素について次項有次項有飲む化粧品









わーい(嬉しい顔)無料で10才若返る
posted by MULIN at 22:26| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

小説は書き出しから良くないと、

小説の書き出し

PROLOGUE
新規に姉妹サイト作りました。

過去読んだ小説はすべて
書き出しが気に入ったのしか読んでない。
読む気がしない。
音楽CDのジャケット(?)と同じで
第一印象がいいものは中身もいい。
自分で直感的にいいと思ったものは
必ずいい。
永年の経験から、学んだ。
評論家の評価はまったくあてにならない。
自分で芸術作品が作れないくせに
偉そうなこといっている人間の意見に
耳を傾ける価値はない。








posted by MULIN at 21:06| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

"Panasonic"ってなんだ?

私が子供の頃、ナショナルの電気製品が身のまわりに
たくさんあった。
洗濯機や冷蔵庫、炊飯器、
いちばん記憶に残っているのが
ナショナルの扇風機。

妹と風呂上りにふざけていてプロペラ(羽?)を
タオルで割ってしまったことだ。
すごい音がして、子供だったからホントに怖かった。
幸い妹も自分も怪我をせずにすんだからよかったけど、
大変驚いた。

それと、好きだったテレビマンガを提供していた
のがナショナルだった。なんというマンガだったか
わすれたけど。

松下電器産業は10日、社名を今年10月から
「パナソニック」に変更すると発表した。

ブランドも国内の冷蔵庫や洗濯機など白物家電で
使用している「National(ナショナル)」を
来年度中をめどに廃止し、「Panasonic(パナソニック)」に一本化する。
グループ会社の名称にもすべてパナソニックを付け、
松下電工は「パナソニック電工」に社名を変更する。

新社名の「パナソニック」は1955年に輸出用スピーカーに
初めて採用した。

「すべて」「あまねく」を示す接頭辞の「PAN」と
「音」を意味する「SONIC」を
組み合わせた造語。

同社の音を世界に広げたいとの思いが込められている。

わーい(嬉しい顔)マッサージチェア

わーい(嬉しい顔)イーベストならNewモデルから限定お買得までパソコン・周辺機器がたくさん!

わーい(嬉しい顔)北の島から南の島まで送料無料!


posted by MULIN at 21:28| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

オダギリジョーって何者?

オダギリジョー

いったい何者かと思った。今日はじめてテレビで見た。
矢吹ジョーは知っていたのだが。

----------------------------------------------------------
俳優のオダギリジョー(31)と女優の香椎由宇(20)が12月27日、東京都目黒区のホテルにて2人揃って結婚発表の記者会見を開いた。

オダギリが開口一番、「このたび結婚することになりました。僕も香椎もこういう場に不慣れなもので、面白いことも言えないし……いい笑顔を出せることもないのですが、え〜、お手柔らかに一つよろしくお願いします」と挨拶。

2人は2年前の11月、映画「パビリオン山椒魚」(冨永昌敬監督)の撮影で知り合い、すぐに交際に発展したという。オダギリは「最初から結婚のことが根底にあったと思う。若い女優さんなのに、周りに媚びることなくカッコいいコだなと思っていた」と明かした。一方、香椎は「最初からそこ(結婚)まで考えてくれているかよく分からなかったので、嬉しかった」と話した。

オダギリが年明けすぐに韓国のキム・ギドク監督作への出演など、海外での仕事が続くことが要因らしい。「来年から海外へ行く仕事が増えて、日本にいることが少ない。彼女も心配でしょうし、安心させたい思いがあった」
----------------------------------------------------------

ということだが、
オダギリが彼女を安心させたいというよりも
彼女は俺のものだと予約して、自分が安心したいからではと思えた。
























posted by MULIN at 23:32| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。